「26歳から人生変わった?」

日々は戸惑いの連続で

《ダイエット》脚の使い方の矯正から


スポンサードリンク

 

 

 

さて、私の痩せたい気持ちの中で、とくに強いのは 、、
とにかく脚!!まじで脚!!(笑)

 

生まれてからこの方ずっと太い。ほんとに太い。
関節が柔らかめだから、股関節を後ろに押してしまう癖がある。そう立つ方が楽だから、結果としてお尻を締める筋力が弱くなり、前腿の筋肉で支えてどんどん前と横に広がっていってしまって。関節が柔らかいのは良いことではあるんだけど、柔らかいからこそ支えを必要とするんだよね。

 


彼は”走ったほうがいいよ!”とアドバイスくれたけど、今の状況だと前腿の筋肉を使うことに逃げてしまうと思われる。
長年クラシックバレエをして来たのに、結局その癖は治らずのままだったから、どんどん太っていった。バレエしてるのにね。(笑)

 

 


だから、もちろん運動が必要だけど、脚の使い方の矯正(覚えさせる方)が先だと思って。

 

まずは《肋骨を閉じて姿勢を正す》
お腹に自然と力が入るようになれば、脚で立つ必要がなくなる。立つんだけど、脚は軽く動く程度の感覚にする。

そこから《内腿を使う感覚を覚えさせる》
関節を押しすぎないように、支えるように、上へと引き上げる感覚をね。

あと《筋肉を柔らかく》
ここがカチカチだと、思うように動いてくれないし、怪我をしやすくなるんだよね。

しなやかに動くことでポンプになる。血流が流れる。

 

という理論をわたしの中で落とし込んでから、ようやく実践!(笑)

 

 

 

 

《肋骨を閉じる》

まず、コルセットを巻くことにした。
撮影があると引っ切りなしに動いているけれど、現段階ではデスクワークも多くて、どんどん猫背になって、お腹も潰れてる。
背筋を付けてしまうことが1番いいことだと、わかっているけれど、何かとかまけて続かないことを知っているから、もう外から正々堂々と(笑)支えてもらうことに!

 

選んだのは、バ―ヴォーグのコルセット。

 

[Qoo10] Burvogue コルセット

 

 

 

 

 

WWW.QOO10.JP

 

有名なコルセットみたいだから、ご存知の方も多いのかな。
「フルクローズ出来た♡」と達成した人のコメントを読んだりもしたから、サイズはわざとXXSにしたけど、始めは、まー締まらない(笑)締まらなくて当たり前でもあるんだけど、結構衝撃的なぐらい締まらなかった(笑)

でも、コルセットを付けるにあたって「ただ締めればいい」ってわけでもなく、正しい紐の終わり方(結び方)なども、体験者様のブログなどで頭に入れていたので、今がどういう状況なのか?を理解しながら、 徐々に締めていっている途中。

こういう時「役に立つかどうか?」と思いながらも、当時の記録を残しておいて下さった方の功績は立派なものだといつも思う。検索すればその体験に出会えたことで、自分の中にある「?」を「!」に変えられるのだから。

 

話が逸れたけど、、コルセットの締め方などについては、またにするとして。

 

 

 

 

お次!

 《内腿を使う感覚を覚えさせる》
唯一これだけ!自分から自発的に動くスクワット。
一般的には膝を前向きにしたスクワットがよく紹介されているけど、出来るだけ必要な筋肉だけを使うように意識してするために、腰を落としても膝がつま先よりも外へ出ないように10回丁寧にスクワット!

腰を落としたら、かかとに重心を乗せるべく足の指をぽんぽんと浮かせる。
とにかくゆっくり時間をかけて膝がピンとならないように立ち上がれるようになったかな。

 

 

お次!

《筋肉を柔らかく》
読んで字のごとくだけど(笑)とにかくふわふわにすること。ここがカチコチだと巡るものも巡らなくなる。
ただ時間を計ってマッサージをしていたけれど、今は好きな曲を聴きながら、1曲分ずつマッサージをしている。気持ちの問題かもしれないけど、時間がすぐに過ぎるように感じる。

 

 

 

という感じで、この3つをベースに進めていく!

 

 

って、あと、着圧も履いてるんだった(笑)
これを履いてると、むくみ方が違うから有り難い!けれど、強いて言うならばウエストゴムの付け方は弱い(笑)

[Qoo10] 【Twitterで話題沸騰】[当店の画像盗用の店に注意] 累計3万枚突破国内即発送痩せます強力加圧式着圧ダイエットタイツレギンス 細っそり脚にダイエット 厚手980と薄手680デニール

 

 

 

WWW.QOO10.JP

 

姉からプレゼントしてもらったマジカルシェリーは、骨盤に特化されていて、持ち上げてもらっている感覚は素晴らしいかな。
ただ、ちょいサイズが小さくて(笑)着圧スパッツを履いて、丁度いい加減だったりする(笑)

 

 

 

 

今ここまでして動き出したのは、少しだけ温かくなってきたのもあるけれど、確実に彼のおかげ。
少しでも綺麗でいたい。可愛くいたい。彼に愛される存在、、いや、愛してていい存在でいたい。

やっぱり恋愛は、贅沢だな。